遺品整理を安くする方法!業者に頼む前にやる5つのこと

遺品整理を安くする方法
この記事では
遺品整理を安くする方法を知りたい
あなたにおすすめです。

以前、遺品整理の業者で働いていました。よく聞かれるので安くなる方法をこちらで紹介します。誰でもできる方法です。

業者に頼む前にやることが5つあります。

その5つについて紹介します。

どれも安くするには効果的で具体的な方法です。ぜひやってみてください。

簡単に言うとこの5つです。

1.まずは自分で片付ける
2.粗大ゴミを捨てる
3.買取業者を活用
4.複数の業者に見積りをとる
5.逆算で考える

これが業者に頼む前にやることです。これをやるかやらないかで金額が全然違います。

すぐにできることはこの2つです。

\事前に現金化/
評判のいい買取業者

なるべく高く買取ってくれる業者を選びましょう。

\見積りで相場を知る/
全国対応の遺品整理業者

全国対応で均一化された相場を知ることができます。

遺品整理を安くする前に

遺品整理を安くする前に考えておかなければいけないことについて書いていきます。

次の章からは具体的な安くする方法を紹介します。

まずは逆に高くなる理由を考えていきましょう。代表的には「焦る」です。焦るといいことはありません。

大切な人が急に亡くなったあとに、遺品整理が必要になります。

亡くなった人が賃貸で一人暮らしの場合は特に急ぐ必要があるかもしれません。

遠方に住んでいる場合は時間がなく余計に焦ります。

「1人でやるのは無理」「時間がないから無理」「近くにいないから無理」いろんな無理な理由があるはずです。

気持ちの問題も重要です。「まだ気持ちの整理ができてない」と思う方も多いはずです。

そんな時に背中を押してくれるのが「遺品整理業者」です。遺品整理のプロとして代行してくれます。

ただしお金が必要になります。

遺品整理業者に頼むメリットを感じながらなるべく安くしたい人は次の5つを前もってやっておくと安くなります。

これは遺品整理業者の見積りから逆算すると明らかです。見積りにはこれを自分でやらない場合の金額は加算されます。

その前に気になるのが遺品整理は誰がいつすべきということ。遺品整理はただ片付けすればいいと軽く考えてはいけません。慎重に取り掛からなければいけない理由があります。

これは相続すべきものを無断で処分したらトラブルに進展する可能性があるからです。なので基本的に相続人が行います。

遺品整理は亡くなった人の物を必要なものと不要なものに分ける作業から始まります。不用品を処分し、関連する物をまとめる作業です。他人から見れば不用品と思われる物でも、遺族や知人から見ると大切な物もあります。

そして遺族といってもたくさんいる場合があるので相続人が最後には判断する必要があります。もちろん相続人の代理で整理する場合もあるでしょう。

相続人が遺品整理するということは費用も相続人の負担になります。ここをはっきりさせてから取り組まなければ後で問題になります。

気持ちに整理がついたタイミングで行うのですが、遺品整理をきっかけに気持ちを整理する人も多いです。

遺品整理は実施時期に決まりはありませんが一般的には四十九日が終わって3カ月以内が多いようです。しかしこれは賃貸に住んでいた場合は違います。なるべく早く片付けた方がいいし、片付けを求められる場合があります。

相続人が遺品整理するという場合は相続問題がクリアしているはずです。相続問題がクリアしていない場合はまずここをはっきりさせなければいけません。片付けるためにも早めに問題は解決しておきましょう。

やろうと思えば自力でできそうな遺産整理ですが、業者に頼むことで大きなメリットがあります。

業者に依頼する1番大きなメリットは、早く片付くことです。悲しい気持ちとは別に作業してくれます。遺族だとなんだかんだ気持ちが尾を引きます。

遺族が遺品整理をやると「なんなこともあった」「こんなこともあった」と思うことでしょう。思うことは悪いことではありませんが、整理という視点では作業は進まなくなります。

これを業者に頼むことによって整理のスピードを早めることができます。遺族だけだと何日もかかっていた整理が多くの場合1日で終わります。

ハウスクリーニングを頼める業者もあります。これは頼めるかどうか、頼んだ場合の料金はどうなるのかきちんとチェックしましょう。

それでは具体的に遺品整理を安くする5つのことをチェックしていきます。

焦らない

遺品整理を安くする方法はまず自分で片付ける

自分でできることはやった方が安くなるのは当然です。しかしこの当然のことをやらずに遺品整理を頼む人もいます。お金持ちはそれでもいいんですが、なるべく安くしたい人は自分でできることはやっておきましょう。

遺品整理の片付け料金は基本的に「片付ける部屋の状態」「片付ける量」「作業員の人数」「作業時間」を判断して見積りを出します。人数と時間を算出するために状況と片付ける量を見ると言ってもいいでしょう。

昨日まで生活していたような状態からの片付けの場合はその分手間も掛かります。状況によってはこんな人もたくさんいます。親族が遠方にしか住んでいない場合などです。

片付ける量はそのままどこかへ運ばなくてはいけません。ここから人数もトラックのサイズも算出されます。

時間がある場合は見積り前に片付けておくと安くなるのは当然です。片付けるときは大きなものから片付けるといいでしょう。大きなものほど見積りにも大きく反映されます。

残すものと残さないものの仕分けもしておくと当日スムーズにいきます。わかりやすく張り紙をしておくと親切です。

1度に手をつけるとなかなか終わりません。空間を細分化して「今日はココ」「明日はココ」とすると効率よく片付けられます。

今から勉強する必要はありませんが「こんまりメソッド」はすごく役に立ちます。

大きなものから片付ける
空間を分けて片付ける
必要と不要を分ける

こんなことが片付けのコツです。

まず自分で片付ける

遺品整理を安くする方法は粗大ゴミを捨てる

遺品整理を安くする方法は粗大ゴミを捨てておくことです。

さきほども書きましたが、大きなゴミがあるとそれを移動させるのに必要な人員の人件費、大きなトラックが必要になります。必要な人数が多く、大きなトラックが必要な場合は見積りが高くなります。当然です。

大きなゴミを事前に減らしておくのが安くなる方法です。

具体的にいうと粗大ゴミです。家具や家電です。自治体によって処分の方法は違います。捨てるのに費用が掛かる場合がありますが、それでも遺品整理業者に頼むより圧倒的に安いです。

これを面倒に思わずにどんどん捨てておくと後の作業も楽になります。

家具を粗大ゴミとして捨てる場合は、その前に家具の中のものを片付けなければいけません。

だんだんとやることも具体的になっていきます。

粗大ゴミを捨てる

遺品整理を安くする方法は買取業者を活用

リサイクルショップや買取業者を活用することをおすすめします。

遺品整理をするときに出てきたゴミがやリサイクルショップや買取業者を活用することでお金に変わります。

支出から収入に変化します。

ゴミがお金に変化します。

これは活用した方がいいです。

片付いてお金になれば一石二鳥になります。

年式が新しい家電はお金になりやすいです。粗大ゴミに出すときは逆にお金を取られます。

ブランド品、貴金属も買取対象です。いくらになるかは査定してもらわないとわかりません。「こんなものは買取ってくれないだろ」と自分で思っていても査定で意外な高値がつくこともあります。

なのでまずは査定してもらいましょう。

最近は出張買取もしてくれるところが多いです。無料出張をやっているところもあります。

ブランドバッグ、高級食器、レコード、骨董品などはありませんか?

以下の査定対象ジャンルがあるかまずはチェックしてみてください。

買取査定対象ジャンル
着物
切手
古銭
毛皮
ブランド品
時計
ブランド服
貴金属
プラチナ
宝石
ダイヤモンド
お酒
骨董品
金券
カメラ
ゴルフ
楽器
ゲーム
釣り
アウトドア
食器
レコード

このジャンルがあったらこの業者が出張査定してくれます。

\電話番号はこちら/
おすすめの買取業者

この業者のおすすめポイントはこちらです。

出張査定無料
全国対応
査定後のキャンセル無料
女性査定員在籍
即日現金払い

支出から収入に変化します。有難いです。

思い出もあるかもしれませんが、これから持っていてもしょうがないものが多いはず。本当に大事なもの以外は、これを機会に処分するといいと思います。そうしないといつまで立っても片付きません。

買取業者を活用

遺品整理を安くする方法は複数の業者に見積りをとる

遺品整理を安くする方法は複数の業者に見積りをとった方がいいです。よく言われる「相見積り」です。

時間があるかどうかによりますが、一般的な相見積りは3社くらいとされています。3社を比較すると相場が見えてきます。

相場よりも高いところ、そして安すぎて不安なところなどは除外した方がいいかもしれません。

一般的な相場を知るためには必ず1社は全国展開しているところで見積りしましょう。全国で均一化された料金が提示されます。

提示されたら内容もチェックしましょう。

まずは内容がわかりやすく書いてあるかチェックします。

例えば、基本プランとオプションプランなど分かれて提示してあるか。オプションプランが不要だとわかれば、それだけで見積り交渉できます。

数多く全国に遺品整理業者があります。選ぶときのポイントをしっかり考えておきましょう。なんとなくで選ばないようにこの3つのポイントはチェックしましょう。

見積もり内容がわかりやすいか

悪質な遺品整理業者は、最初は安く見積りを提出します。その後から多額の請求をします。追加料金などです。

事前に追加料金の可能性についても聞いておく必要があります。

電話やメールではお互いにわかりません。電話相談の後に実際に部屋を見てもらった方が「言った言わない」のトラブルになりません。

基本料金とオプションの違いもしっかりと聞いておきましょう。

不用品を処分してくれるか

不用品回収には資格が必要です。これを外部に委託すると仲介手数料が発生し料金が高くなります。自社で資格のある人がいるのが理想です。外部委託でも手数料はそれぞれ違います。事前に確認しないと、作業後に「これを捨てるにはこれだけの追加料金が発生します」と言われる可能性もあります。適切に処分してくれるかチェックしましょう。

対応がいいか

遺品整理で片付けるものは、ゴミではなく故人の大切な思い出も詰まっています。対応がいいだけで騙されてはいけませんが、対応がいいかどうかは大事な要素です。これは電話から見積りまで通してチェックしましょう。

「対応がよくない」と感じたらやめておいた方が無難です。

例えば、遺品整理で重要な供養は業者によって大きく変わります。基本料金に組み込まれている場合もあれば、オプションの場合もあります。供養を受け付けていないところもあります。ここをはっきり説明できるかどうかはいい業者かどうか見極めるポイントです。供養が必ずあった方がいいというわけではなく、依頼する人のニーズに合わせられるかがポイントです。

業者選びで後悔しないため、何より作業料金を安くするためにも見積りは3社くらいとったほうがいいです。

\全国対応/
おすすめの遺品整理業者
/まずは電話で相談\

おすすめポイント
全国展開で展開している
基本料金とオプション料金がわかりやすい
評判がいい
複数の業者に見積りをとる

逆算で考える遺品整理を安くする方法

遺品整理を安くする方法は逆算で考えるとわかりやすいです。

優良業者を選ぶポイントを紹介します。

情報をしっかり掲載しているか

料金形態
サービスの詳細
実績の公開
など

ホームページでまずは情報を掲載しているかチェックします。

安さの理由をチェック

全国で均一化
オプション料金を選ぶかは自由
作業がシンプルで慣れている
など

安い方がいいですが理由をチェックしましょう。追加料金の可能性があったらよくありまん。安くて安心できる業者を見つけるようにしましょう。

遺品整理の費用を決める要素

これを知っておくと見積りの中身を具体的に質問できます。費用の要素はこんなことで構成してあります。

遺品の分量(トラックの台数、人員)
階数(エレベーターの有無)
間取り(部屋、一戸建て)
処分品の種類(大型家具、大型家電)
作業希望日(繁忙期、閑散期)
周辺状況(駐車場)
など

電話相談から始めることが多いですが、電話だけでは伝わらない部分も多いので訪問して現場で見積りすることになります。現場を見てもらうのはあとで料金の行き違いがないためにもやっておいた方がいいです。見積りの出張費や見積り代金は無料のところがほとんどです。

遺品整理業者の繁忙期を避ける

コツを書いておくと遺品業者の繁忙期は避けた方がいいです。忙しいときは業者も強気の料金の場合もあります。逆に閑散期は弱気の料金になることもあります。これは引越しにも言えることですよね。ただシーズンは違います。休日は高くなることが多いです。「この期間でいつでもいい」という言い方があるのも1つのいい方法です。作業日は業者の都合に合わせることになるので業者も助かります。値段交渉の1つに考えておきましょう。

遺品整理を安くする方法まとめ

遺品整理を安くするためにぜひこの5つはやってみてください。

1.まずは自分で片付ける
2.粗大ゴミを捨てる
3.買取業者を活用
4.複数の業者に見積りをとる
5.逆算で考える

これをやると万単位で安くなるはずです。

この5つは業者に頼む前にやることです。複数の業者に見積りをとってもまだその時点ではどこに頼むか決定していません。決めるまえにこれをやっておきましょうやるかやらないかで金額が全然違います。

すぐにできることはこの2つです。

\事前に売れるものは売る/
評判のいい買取業者
/支出が収入へ変化\

買取業者も全国にたくさんありますが、ここは全国に無料出張対応しています。ここで買取の相場を知るならまずココをおすすめします。

\相場を知る/
全国対応の遺品整理業者
/料金体系がわかりやすい\

遺品整理の相場を知るには全国対応のところがいいです。理由は料金が均一化されているからです。評判もいいところです。

タイトルとURLをコピーしました